ラーメンの中毒性は異常

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメンはどうしてあんなにも中毒性があるんだろう。今日は何食べよう、と考えたときに特に食べたいものが思いつかない、そんなときはだいたいラーメンに落ち着く。僕はこってり系のラーメンが好きなので、二郎系か家系を好んで食べることが多い。どちらかというと味ばかのほうなので、澄み切ったスープの醤油とか塩ラーメンはだいたいどれも同じ味がするような気がして、たまに食べる程度である。でも、家系や二郎系は味がお店によってだいぶ違うので、お気に入りのラーメン屋を巡っては新たに開拓する生活を送っている。


でも、どうして日本人はそんなにラーメンが好きなのだろう。日本人なら米をくえ、とは思うが、もはや主食は米じゃなくて麺類になっている人も実際多いのだと予想する。パンもすきだけど、どうもそれだけだと食った気がしないので、結局小さいカップラーメン一つを付け足してしまうほど、毎日毎日ラーメンばかり食っている。
東京に住んでいた頃はお店も選びきれないほどあったので毎日違う店舗を訪れることもできたが、今は地方の片田舎にすんでいるので、それもできないでいる。特に油そば専門店がこちらにはないので少し寂しい。
ああ春日亭の油そば、久しぶりに食いたいなあ。

ガレイド スマートフード 完全栄養食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*